ボカシ山水ガラス

 

ボカシ山水型紙

  

 

材質:渋紙、寒冷紗

彫り師:横井型紙店(岩手県)

 

 

 


 

ボカシ山水ガラス作品例

 


 

ボカシ山水型紙の裏側

 

 

 

 

 

ボカシ山水で使用する型紙裏側は、寒冷紗が施されてあります。

 

柿渋を染み込ませた型紙寒冷紗が重なり合うことで、

 

ボカシ山水ガラス用型紙デザイン性保つことができます。

 

 

 

型紙は、約40回は使用できます。

 

使い続けるうちに型紙は痛んでしまいます。

 

型紙がなくなってしまえば、もう同じ図案を作ることはできません。

 

そして、型紙を彫る職人も、もうほとんどいらっしゃいません。

 

 

 

なので、昔ながらのボカシ山水ガラスは、非常に貴重な作品だと言えます。

 

 

 

 

昔ながらの技法 河川と山々を型紙で描写

 

 

有限会社矢口硝子店では、

 

昔ながらの技法によるボカシ山水ガラスをお取扱いしております。

 

 

ボカシ山水ガラスは、渋紙型紙を用いてガラスに転写する技法です。

 

それはまるで版画のように、繊細な技が作り出すガラス作品です。

 

 

 

ボカシ山水ガラス用型紙を彫ることのできる彫り師は、

 

日本国内でも数名ほどしかいません。

 

 

 

山形県有限会社矢口硝子店で使用している型紙は、

 

岩手県横井型紙店が作成したものを使用しています。

 

 

 

型紙ガラス転写する技術は、経験熟練の技が必要です。

 

ボカシ山水ガラスは、和室雪見障子などによく似合います。

 

手仕事の美しさを、ぜひ、味わってみてください。

 

 

 

詳しくは、有限会社矢口硝子店まで、お電話でお問い合わせください。

 

 

 

 

 

ボカシ山水 摺加工機

 

 

有限会社矢口硝子店ボカシ山水ガラスの加工に使用している機械は、

 

株式会社福山鉄工所(福岡県)が製造発売した、

 

FS-37型摺加工機です。